発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/08/07

【レシピ:低温調理】サラダチキン第3弾☆「梅しそチキン」チキンの柔らかさと、ほんのり酸っぱい感じがごはんに合う(^_^)v

本日は、以前より興味のあった「コーヒー焙煎教室」に参加してきました♫

こちらが生豆。

虫食いや割れた豆を取り除く「ハンドピック」という作業から始まります。

まだコーヒーの匂いはしません。

生コーヒー豆
焙煎機で焙煎します。

20分程で生豆が焙煎されてコーヒーらしくなり、香ばしい匂いがしてきました(^^)

コーヒー豆の焙煎
焙煎機から一気に出して冷やします

コーヒー豆を冷ます
こんなにツヤツヤなコーヒー豆に仕上がりました!!

んん〜、いい匂い(*´∇`*)

コーヒー豆完成
いよいよ、自分で焙煎した豆でコーヒーを淹れます!!

煎りたて挽きたての豆はよく膨らみます(≧∀≦)

ホットコーヒー
アイスコーヒーも淹れてみました
アイスコーヒー
美味しい珈琲の条件は「煎りたて・挽きたて・淹れたて」

この条件を満たす珈琲は、限られたお店でしか飲めません(^^)

本当に美味しい時って、「美味しい」の言葉しか出ないものですね♫

丁寧に手間暇かけて淹れた珈琲は格別な美味しさでした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

☆☆☆感謝☆☆☆
さて、

大変ご好評の「自家製サラダチキン」シリーズも残す所あと「2回」となりました。

本日は、我が家のイチオシ「梅しそチキン」をご紹介したいと思いますd(^_^o)

これを食べたら他の味は作らなくなっちゃうかも〜(^^)

では、早速作っていきたいと思います♫

「梅しそチキン」の作り方

<材料>

・鶏胸肉                        1/2枚
・ゆかり                        適量
・酢                               大1
・片栗粉                       大1/2

梅しそチキンの材料
<作り方>

① 常温に戻しておいた鶏胸肉を1〜1.5cmの厚みにスライスし、皮を取り除いておきます。

両面にゆかりをまんべんなく振りかけます。
鶏肉にゆかりをふる

② 酢、片栗粉を両面にまんべんなく振りかけます

酢と片栗粉をまぶす

③ 保存袋に入れ空気を抜いて真空状態にします

保存袋に入れる
④ ヨーグルティアの内容器に入れ、沸騰手前のお湯をたっぷり注ぎます。

(必要なら重石をして下さい)
内容器に入れお湯を注ぐ
⑤ ヨーグルティアに入れ蓋をし、設定温度70度、3時間にセットしてスタート
70℃3時間にセット
⑥ すぐ食べる場合は、やけどに注意してお好きな様にお召し上がりください(^^)

後で食べる場合は、流水で粗熱を取ってから冷蔵庫で保管して下さい。
梅しそチキン完成
切り分けたらこんな感じ。
スライスする
我が家では、この「梅しそチキン」に大ハマりして、実はこれしか作っていません(^^;

子供たちも、いつもはゆかりの振りかけは食べないのに、「梅しそチキン」は美味しいと言って食べてくれるから不思議です(^^)

きっとチキンの柔らかさと、ほんのり酸っぱい感じがごはんに合うのでしょう(^_^)v

3種類サラダチキンを作ってみましたが、我が家の一番人気は「梅しそチキン」という結果になりました(^_^)v

皆さんは、どのサラダチキンがお好みでしたか?

また、色々な味に挑戦して美味しい味が見つかったらご紹介しますね(^_−)−☆

では、次回はこの「梅しそチキン」を使ったアレンジレシピをご紹介します♫

お楽しみに(^з^)-☆


Share