発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/07/21

【レシピ:低温調理】「サラダチキン」低温調理でしっとりジューシー(≧∀≦)ダイエットの神食材!!

7月7日は七夕☆

保育園の短冊に書いてあった次男坊の願い事は「けいさつかんになりたい」でした。

あれ?

この前は、「消防士になりたい」って言ってなかったっけ??

ま、小さいうちは色んな夢があっていいよね(^^)

七夕の短冊
今話題の「サラダチキン」
もう食べましたか?

ダイエットの神食品とまで言われる程の「高タンパク&低カロリー&低糖質」食材!!

美味しい上にダイエット食として最適だと、メタボ気味のサラリーマンから、お年頃の女子高生まで老若男女問わず今大注目の食品ですよね(๑>◡<๑)

実は、うちの主人もこのサラダチキンの信者(^_^)v

このサラダチキンでダイエットに成功した???かは定かではありませんが、現在着々と体重を落としていますp(^_^)q

現在料理を趣味にしつつある、うちのご主人(←ガンバレー!!)

何度も食べているうちに、自分でも作れるんじゃないかと思ったらしく、何やら簡単で美味しいレシピを見つけたそうで、作ってくれる事になりました♫

という訳で、本日は主人のレシピを紹介させて頂きます(^_-)

「ハーブチキン」の作り方

<材料>

・鶏胸肉                            1/2枚
・マジックソルト              適量
・乾燥バジル                     適量
・すりおろしにんにく       1片分
・酢                                   大1
・片栗粉                            大1/2



ハーブチキンの材料
<作り方>

① 常温に戻しておいた鶏胸肉を1〜1.5cmの厚みにスライスし、皮を取り除いておきます。マジックソルト、バジル、すりおろしにんにくを両面にまんべんなくまぶします。
鶏に下味をつける

② 酢と片栗粉をかけて馴染ませます

酢と片栗粉を混ぜる

③ 保存袋に入れ、空気を抜いて真空状態にします。

保存袋に入れる
④ ヨーグルティアの内容器に入れ、沸騰する手前のお湯をたっぷり注いで蓋をします
(必要なら重石をしてください)

本来のレシピでは、沸騰した後火を止めた鍋に③を入れて、蓋をして冷めるまで放置して完成というものなのですが、保温機能というなら「ヨーグルティア」を使わねば!!と思いこの工程はヨーグルティアを使ってみました。
内容器に入れお湯を注ぐ
⑤ ヨーグルティアに入れ、設定温度70度、時間3時間にセットしスタート☆
70℃3時間にセット

出来上がり〜*\(^o^)/*

すぐ食べる場合は、このまま袋を開けてお好みの食べ方でお召し上がり下さい(^^)
すぐ食べない場合は、流水で冷やし粗熱を取って冷蔵庫で保管して下さいね(^_-)
ハーブチキン完成
断面はこんな感じです♫
鶏胸肉というと淡白でパサパサしたイメージですが、これは違います!!

片栗粉が肉汁を閉じ込めてしっとりジューシーな仕上がりに!!
しかも、中まで味が染み込んでるーーー(*⁰▿⁰*)

ニンニクとハーブがこれまた最高!!
肉の臭みもしっかり消えて、ずっと噛み締めていたいくらいの美味しさになりました(≧∀≦)

ハーブチキン完成
私の幸せそうな顔を見た主人のドヤ顔は言うまでもありません( ͡° ͜ʖ ͡°)

いやぁ〜、本当に美味しかった〜(≧∀≦)

ごちそうさまでした(o^^o)



今、「サラダチキン」のレシピが数多く上げられていますが、鶏肉を扱う上で注意したいのが”雑菌”による食中毒!!
鶏肉には、カンピロバクターやサルモネラ菌が付着している危険性があります。

それらの菌は、70℃のお湯で30分以上加熱すると死滅するそうです。
また、食品に雑菌が繁殖しやすい温度は、31℃〜46℃。

茹でる時に使用する鍋の素材や厚み、大きさ、水の量によって保温性が異なる為、一概に、鍋に蓋をして放置しただけでOKとは言い切れない危険性があります。

また、冷めるまで放置する方法だと、徐々に温度が下がっていくので、一番危険な温度帯を長く通過する事になり、季節によっては衛生的なリスクも考えられます。

では、どうしたらいいのか?

それは、
1、お湯に入れる前にお肉を常温にもどしておく
2、湯煎する時は、70〜80℃で30分以上加熱する事
だそうです。

1は出来ますが、2は30分以上温度管理をしなければいけませんよね。

この暑い時期、汗をかきながらガス台の前で温度計とにらめっこ。。。なんて考えただけで汗が出ます(^^;

そこで!!

活躍するのが「ヨーグルティア」

最高70℃の温度設定が出来るので、サラダチキン作り方にはもってこい(^-^)v

今回は、肉の中心部までしっかり熱を通すため、70℃で3時間保温しました(^^)
(中心まで熱が通っているか確認してから食べて下さいね)

70℃3時間にセット
これで安心して美味しい「サラダチキン」が作れますね(^-^)v

これからの季節、なるべく火を使う料理は避けたいですよね(^^;

そんな時、ヨーグルティアを使って「サラダチキン」を作っておけば、ダイエットとしてだけでなく、料理の一品として重宝する事間違いなしですよ〜(^_−)−☆

次回はこの「ハーブチキン」を使って、アレンジレシピをご紹介したいと思いますのでお楽しみに(^з^)-☆

Share