発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/06/20

【レシピ:甘酒】「食べる椎茸しょうが麹」色々な食感が楽しめる上に、旨味が染み込んでいて美味すぎる(≧∇≦)

今年も運動会が終わりました。

私の小学生の頃は、運動会といえば7月の暑い時期だったのですが、今は初夏か秋の所が多いそうですね。

長男坊の小学校でも、初夏の風が気持ち良い青天の日に行われました。

今年の注目は障害物競争。

もう低学年の頃の様に「徒競走で1等を獲るぞ〜!」なんて事は言わず、自分の実力を最大限に発揮できる、力技の競技「障害物競争のお猿のかごやを頑張る!」と言って毎日練習していました。

見ての通り、ぶら下がる方も担ぐ方も必死ですよね(^^)

息子のこんなに真剣な姿を見れただけで、母は大満足(*≧∀≦*)

結果、息子の組が優勝し皆で大喜び*\(^o^)/*

やっぱり勝つって嬉しいよね(^_^)v

お疲れ様でした☆
そうちゃん運動会

さて本日は、キッチンの引き出しの奥底から救出された「干し椎茸」と「麹」を組み合わせて、新しい食べ方を提案してみたいと思います♫

その名も「食べる椎茸しょうが麹」(^^)

ちなみに干し椎茸の賞味期限は、未開封のもので保存状態が良ければ5年も持つそうです(^_^)v

皆さんのお宅の引き出しの奥にも、お宝級の干し椎茸が眠っているかもしれませんよ〜(^_-)

では、早速作って行きたいと思います☆

「食べる椎茸しょうが麹」の作り方

<材料>

・干し椎茸                3個
・生姜                       1個
・酒                           60cc
・しょうゆ                60cc
・砂糖                       50g
・甘麹                       60g(麹と水だけで作ったもの)
<作り方>

① ボウルに水を入れ、水で軽く汚れを落とした干し椎茸を入れて一晩冷蔵庫で戻します

② 戻した干し椎茸と生姜をみじん切りにします
食べる椎茸生姜の材料

③ 酒、醤油、砂糖を鍋に入れて弱火にかけます

調味液

④ 刻んだ生姜と戻した椎茸を入れ、弱火で水分を飛ばします(焦げ付き注意!)

調味液に椎茸を入れ煮る

⑤ 水分がなくなったら60度程に冷まします

少し冷ます

⑥ ヨーグルティアの内容器を熱湯消毒し、甘麹を入れます

内容器に甘麹を入れる

⑦ ⑤を混ぜ合わせます

調味液で煮た生姜を加える

⑧ 蓋をしヨーグルティアに入れて、設定温度60度、4時間にセットしスタート

60℃4時間にセット

出来上がり☆

椎茸生姜麹完成
甘麹と甘辛い醤油味が、戻した椎茸にしっかり吸収されて、噛むと全ての旨味がじゅわ〜っと染み出てきます!!

シャキシャキっとした生姜の歯ごたえの中にも旨味たっぷり!!

柔らかな椎茸、シャキシャキっとした生姜、プチプチっとした麹、色々な食感が楽しめる上に、全ての旨味がそれぞれの食材に染み込んでいて、これは美味いっ!

美味すぎるー♪───O(≧∇≦)O────♪

麹は、日が経つ程に熟成して美味しくなるので、美味しさがどう変化するかも楽しみです(^_^)v

今日は、このままちびちびとお酒と一緒に楽しみました(//∇//)

次回は、この「食べる椎茸しょうが麹」のアレンジレシピをご紹介します♫

お楽しみに〜(^_−)−☆

Share