つれづれ
更新日 2017/05/31

ヨーグルティアSで、麹作りに挑戦!!~発酵・完成編~

皆さんこんにちは、営業部の久田です

前回米麹作りの仕込みまで行いましたが、あれから米麴たちはどうなっているのでしょうか?

GWウィーク直前に仕込んでしまったので、今年のGWウィークは米麹たちと過ごすことに…

手入れ~1回目~(18~22時間後)


ところどころに麹菌の菌糸がついています

いったん取り出し、酸素を与えるためバラバラになるようにほぐし、
再度蒸し布で包み本体に戻します

この時、蒸し布が乾いたいたら濡らした後、固く絞ってから包んで下さい

手入れ~2回目~(30時間後)

ほのかに甘い香りがしてきます
米粒に麹菌の菌糸がたくさんついてきました

いったん取り出し、酸素を与えるためバラバラになるようにほぐし、
再度蒸し布で包み本体に戻します

この時、蒸し布が乾いたいたら濡らした後、固く絞ってから包んで下さい

完成(45~48時間後)

菌糸が伸びてお米同士がくっついた状態になっています

米麹っぽくなっていたので、取り出します
米麹完成
表面が菌糸でモコモコしています
割ってみると、中まで菌糸で覆われています
米麹の中
できた米麹で甘酒を作ってみました♪

恐る恐る飲んでみると…「美味しい♡」

みやここうじに比べると甘さが少ないですが、ちゃんと甘酒の味になっています
市販の麹と比べてみると、少し酸味と麹の独特のクセを感じます

使用する種麹菌、環境や作り方によっても、味が異なるかもしれません


私なりにポイントをまとめてみました♪

①米を浸漬するとき、きれいな水(できればミネラルウォーター)を使いましょう

②お米を蒸すとき、蒸し過ぎに注意!!
炊飯した時より固く仕上がります
指で「えいっ」とひねりつぶせるくらいが目安です

③面倒くさくても、内容器の下にすのこを敷きましょう
「なくてもいっか」と思い、なしで作ったらべちゃべちゃの麹ができました Σ(*ノ´>ω<。`)ノ アチャー

④麹菌はカビの一種なので、乾燥は大敵!!
手入れの時に蒸し布が乾燥していたら、濡らして固く絞ってから包みなおしましょう
発酵中にも麹が乾燥するようなら、本体と蓋の間に布巾をかぶせましょう(ヨーグルティアSの場合)

じつは。。。
何度か失敗を繰り返し、やっと完成しました(約4か月…長かった)

メール・お電話でお問い合わせいただいたお客様

大変お待たせしてしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _"m)ペコリ

皆さんの麹作りの参考にしていただければ嬉しいです

Share