更新日 2016/12/22 カテゴリ > ハル発酵食日記

【レシピ:低温調理】鶏皮のパリパリっとした食感と、ギュッと閉じ込められた旨味が口一杯に広がります*\(^o^)/*低温調理第2弾!「鶏もも肉」

これ、何だか分かります?

「PPAP」

子供って、こういうのすぐ覚えるんですよね〜(^^;;

今日もお風呂上がりにご機嫌で歌ってました♫

ペンパイナッポーアッポーペン♪(´ε` )

あ”あ”ぁーーーーー、耳に残って、口ずさんでしまうーーーーW(`0`)W

ppapを踊るせんちゃん

さて本日は、ヨーグルティアを使った低温調理第2弾!

今回は「鶏モモ肉」を使ってみたいと思います♫

今回もヨーグルティアにお任せの簡単調理ですよ(^_^)v

低温調理「鶏もも肉」の作り方

<材料>
・鶏モモ肉                1枚
・塩                           小2
<作り方>

① 鶏モモ肉を常温に戻しておきます

もも肉を常温に戻す

② 塩をまんべんなくまぶし保存袋に入れてよく揉み込み、常温で2時間おきます

塩をまぶす

③ 空気を抜き、ヨーグルティアの内容器に入れて、65度のお湯を注ぎます

保存袋に入れる

④ 蓋をしてヨーグルティアに入れ、65度、2時間にセットしスタートします

65℃2時間にセット

こんな感じになります

加熱後
⑤ 熱したフライパンに油を敷き、鶏モモ肉の表面がカリッとする位焼きます
※お肉の中心部に、火が通っているか確認してください
フライパンで焼く
⑥ 切り分けてお皿に盛りつけたら出来上がり♫

最近ハマっているバルサミコソースをかけていただきまーす*\(^o^)/*

バルサミコソースをかけて完成
鶏皮のパリパリっとした食感の後には、ギュッと閉じ込められた旨味が口一杯に広がります(≧∇≦)

下味は塩だけなのに、時間をかけてじっくりと塩味が肉の中心まで染み込み、塩味と肉の旨味が合わさって、これ以上の味付けは要らないと言っても良い程の美味しさです!!

「塩の浸透力ハンパなーーーーーい!!」

逃げ恥ファンの私は思わず叫んでしまいました( ^ω^ )

いやーーーー、またまたヨーグルティア低温調理「大・成・功ーーーV(^_^)V」

これで、どんなに分厚いお肉も怖くありません!!

火加減、焼き加減を一切気にする事なく、美味しいお肉を食べたいと思ったら、是非是非、一度お試し下さい!!

私は、もうヨーグルティアが手放せませーーーん*\(^o^)/*
Return to Top ▲Return to Top ▲