更新日 2016/10/26 カテゴリ > 発酵食レシピ|ハルの発酵食日記

【食レポ:甘酒】甘さ控えめで、さっぱりとして飲みやすい( ^ω^ )酒粕の甘酒

雑貨屋さんでこんなもの見つけました☆

金沢はちみつ入り「萬歳楽  粉末甘酒」

こちらは、私たちにお馴染みの麹を使ったものではなく、酒粕を使った甘酒。

発酵生活をする様になって、発酵に関するキーワードには敏感な私(^ ^)

今回も「甘酒」というキーワードを目にして思わず買ってしまいました(^_^)v

甘酒
水やお湯に溶いて飲むとあったので、お水に溶いてみました♫
粉末甘酒を水で溶く
キレイな乳白色☆
酒粕が多少沈殿しますが、水でもほとんど溶けました。

お味は、、、
酒粕を使っているというので、もっとアルコール臭がするのかと思ったのですが、こちらはほのかに甘い香りはするもののほとんどアルコールの匂いも味もしませんでした。

甘みは、控えめに作られているのか、さっぱりとして飲みやすかったです。

本来、酒粕自体には甘みはないので砂糖を加えるそうですが、こちらは嬉しいはちみつ入り!

最近の酒粕で作る甘酒も、飲みやすく改良してるんですね♫


ここで、ふと疑問が、、、
じゃあ、米麹と酒粕の甘酒、どっちを飲むのが体にいい???

という訳で、米麹と酒粕で作る甘酒の違いを簡単に比較してみました☆

<酒粕の甘酒>
・日本酒を作る際のもろみを絞った後に残ったものが酒粕なので、アルコール成分がある
・酒粕自体に甘みはないので砂糖で甘みをつけている
・カロリーが高い
・安く作れる

<米麹の甘酒>
・米と米麹を発酵させて作られているので、アルコール成分がない
・米と米麹の自然の甘さがある
・カロリーが低い
・割高である

なるほど〜、これだけ見れば米麹の甘酒の方が良さそうな気がしますよね。

では、次に栄養価について比較してみると。。。

<酒粕>
・エネルギー 227kcal
・たんぱく質   14.9g
・脂質              1.5g
・カリウム      28mg
・葉酸         170mcg
・ビタミンB群   1.23mg
・食物繊維      5.2g

<米麹>
・エネルギー    286kcal
・たんぱく質    5.8g
・脂質               1.7g
・カリウム        61mg
・葉酸              71mcg
・ビタミンB群    0.35mg
・食物繊維         1.4g

栄養価の面では、酒粕の方がたんぱく質、葉酸、食物繊維、ビタミンB群が多く含まれている事が分かります。
ただし、酒粕の食物繊維は不溶性の為、食べ過ぎには注意が必要な事と、甘酒にする場合は砂糖を加える為、カロリーはこれより高くなります。

では、健康効果や美容効果についてはどうなのでしょうか?

<酒粕甘酒>
ビタミンは皮膚を活性化してくれる働きがあります。たんぱく質が不足すると新陳代謝が悪くなって肌のつやがなくなったり、たるみの原因になったりします。便秘気味の人には食物繊維が豊富なので酒粕の甘酒の方が効果があるかも?
その他にも、酒粕には「スフィンゴ脂質」というシミの原因になるメラニン色素を抑える働きがあったり、「レジスタントプロテイン」という、体内の油を出してくれる栄養素も含まれているので、健康&美容&ダイエットにも効果があるそうです。

<米麹甘酒>
麹を発酵させるので、発酵食品としての効果が期待できます。
米麹の甘酒には、人間に必要なほぼ全ての栄養が入っていると言っても良いぐらい沢山の栄養素が含まれています。
しかも、これらの栄養素の吸収率は90%以上!!ビタミン剤やサプリメントなどとは比較にならないほど体への吸収率が抜群なのです。
甘酒が「飲む点滴」と言われる理由はその為です。
また、オリゴ糖と食物繊維のパワーで腸内環境も整えてくれるので、肌荒れや便秘など女性の悩みを解決してくれる優れた発酵食品なのです♫
ノンアルコールなので、子どもからお年寄りまで安心して飲む事ができます。

なるほど〜、そういう違いがあるのね( ^ω^ )

結局どっちを飲んでも、それぞれに健康効果や美容効果があるので、後は味の好みになるのかな〜( ^ω^ )

でも、、、私はやっぱり米麹で作った甘酒派かな〜(o^^o)
あの米の自然の甘みと、麹のプチプチとした甘酒を飲むと、体も心もホッコリするんですよね〜(#^.^#)

皆さんならどっちを選びますか?

今回せっかく酒粕について調べたので、来月は酒粕を使って”何か”作ってみたいと思います(^_^)v

お楽しみに〜(^з^)-☆



Return to Top ▲Return to Top ▲